トイプードル ゆず



妹家族が昨日、アメリカに帰っていきました。
今朝、無事にカリフォルニア州に着いたと連絡がありました。











さみしぃよぉーーーーー!!!












急に家が広くなった感じがします。
姪っ子たちの物で溢れていたリビングもすっきりと片付きました。


もっとスッキリしたのが、玄関。
昨日まで、9人分の靴のオンパレードだったのになぁ。





ダンナ殿: 「家がガラーンとしすぎて居心地悪いなぁ〜」

お嬢1: 「ウチの家って暗すぎ! 家族って多い方が絶対楽しいわ!」

おばあちゃん: 「何か気が抜けてしもうたよ。。。」




さくらもついつい、「寂しい!」「寂しい!」と何度も独り言を言ってしまいます。

お嬢2だけが、「また来年、会えるって!」と前向きです。







トイプードル ゆず




静かになったリビングでは、
ゆずものんびりと眠ってばかり。


昨日までは遊び相手もいっぱいだったので、
けっこー家中を走り回ってたんだけどね。





トイプードル ゆず



ゆずも心の中で妹家族を思い出しながら、
のんびりしてるのかなぁ・・・。






普段ゆずはお休み時間になるとさくらと一緒にお布団に入ります。
母さくらとベッタリくっついておネンネです。
(母命のゆずですからね)


たまにお嬢たちが自分のベッドにゆずを連れて寝ようとしますが、
ゆずは数分でさくらのお布団に戻ってきます。






ところが今回、妹家族が里帰りしたその日から、
ゆずは妹たちのお布団(正式には妹と姪っ子2の間)に
自分からもぐりこんでいきました。

さくらがまだ茶の間でTVを見ていても、
妹たちのお布団を敷いたとたん、
トコトコとそちらへ移動するんですよ。


これには、さくらもビックリ。

ゆずも少しは母離れできるようになったのかなぁ。

甘えたゆずがちょっぴりたくましく思えました。





でも明け方になると、
ひょっこりとさくらのお布団にもぐりこんで来るところが、
さくらの母心をくすぐります。

やっぱり母ちゃんが恋しいんやね、ゆず。



そんなこんなのあっという間の3週間でした。







【ある日のお昼寝の様子】

トイプードル ゆず







帰国前日、
親戚のおばちゃん宅でまたまた「粉もんパーティ」で大盛り上がり。


お好み焼きをひっくり返す

 

 

お好み焼き




姪っ子たちがまだ幼児期の頃は、
妹家族が帰った後、
こんなに寂しくはなかったのです。

(心のどこかで、ちょっとだけホッとしてました・・・)



でも最近はこたえるわぁ。

今日なんて外で遊んでる小学生の声を聞くだけで、
胸がジィーーンとなりました。



さくらも年を取ったってことかなぁ。





また1年後。
長いなぁ・・・。









【おまけ写真】


IMG_7747


さくらのダンナ殿(日本人)と妹のダーリン(アメリカ人)。

座高は、ほぼ同じ。


でも洗濯した二人のズボンを並んで干すと、
40センチ以上差があります。

(身長は約12センチ差)



悲しすぎる現実。
めげるな!ダンナ殿!!






 心にポッカリ穴があいてしまったさくらを
ポチっと励ましてね!!

IMG_7188


    


 
 ライン






 



姉妹サイト 「犬ってこんなに大変なの?!」 も犬いっぱいで公開中!