トイプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は「トリミング講習会」の第3回目。

 

ずっと読んで下さってる方へ

   「ありがとうございます

今日初めて読まれる方へ

   「もし良かったら、前の記事も読んで下さいね

 

さぁ、今日でこのシリーズを締めくくれるのか?

これはさくらにも分りません・・・。

とにかく、頭に残っている事項を忘れないうちに書き留めるだけです。

プロのトリマーを目指す!なんて大それた内容ではありません。

ただ自宅でトリミングできると便利だなぁってレベルの

『家庭でのお手入れ講座』と思っていただければ嬉しいです。

 

さぁ、いきまっせぇーーー

 

ライン

 

 

皆さんは愛犬を次のトリミングに連れて行くまでに、

伸びてうっとおしくなってきた毛を自宅で補修カットしますか?

思わずハサミを入れたくなるぅーー!!

でも、どうやって??

やり方がわからず、自己流でチョキチョキすると必ず失敗・・・。

 

さくらの「なんちゃんてトリミング」も実はこんなレベルからスタートしたのです。

  (って今でもそんなレベルですけどね・・・

 

家で少しハサミを入れるだけで、次のトリミングを先に延ばすこともできます。

それに第一、覆いかぶさった毛のままではせっかくの可愛い愛犬の姿も台無しになりますよね。

特にお顔はいつもチャーミングにしておきたいと思うのが親心です。

 

伸びたトップ。

ヒゲのように垂れたマズル。

これじゃあ、プードルも何犬か分らないくなりそうです。

 

今日の記事はそんな方に少しでもお役にたてるといいなぁ・・・。

 

 

【トップのカット】

トイプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングしたままのトップをずっとキープしたい!

でもどんな風に修正カットしていいのか分らない!

でしょ。

 

ハイ、ではこちらを見てね。

トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく焦らずにちょっとカットしては、コームで毛並みを整え、

ちょっとカットしては毛を整えの繰り返しです。

これを何十回と繰り返します。

 

さくらは今まで一度に丸く仕上げようとしていましたが、

その方法は一番やってはいけないことでした。

 

 

ゆずのトップ、かなりのガタガタでしょう!

トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から見るとこんな丸いラインに仕上がっています。

前から見て丸くなることも大事ですが、

上からも丸くなるようにカットする。

どの角度も丸くなる!がポイントです。

 

初心者はすきバサミでカットする方が仕上がりもキレイかもしれません。

すきバサミって人間の美容院ではシャギーを入れるときに使うでしょう。

あの使い方とは違います。

犬のすきバサミカットは普通のハサミカットと使い方は同じです。

 

動画で確かめてみてね! 

時間はかかりますが、失敗のない仕上がりになります。

表面を何度も根気よく、コームしながらシャキシャキとハサミを動かします。

 

これは仕上げカット動画です。

プロの方は丁寧に丁寧に作業していきますよねぇ。

ここが、仕上がりの違いなのかもね。

ゆずのトップはもう少し伸ばしていこうと思っています。

トップを短くするとバランスが悪くてプードルらしくないなぁと最近思うようになりました。

このへんはもちろん、お好みで。

 

じゃあ、犬の後頭部はどこまで?

トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから下が、首になります。

 

 

マズルも同じ要領で輪郭をカットします。

トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眉間の間から下部分が犬の鼻です。

マズルの丸い形・・・。

「楕円形」だったり、「三角形」だったり、

「大きめ」だったり、「小さめ」だったりとかはお好みで。

マズルのトップ部分は毛を真っ直ぐ上にコームして形を整えて下さいね。

 

 

【目の周りのカット】

目の周りをスッキリさせたいと思われる方は多いと思います。

トイプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に目をはっきりさせるとお顔も一段と可愛く見えますよね。

プードルは目が小さい犬なので、

少しでも大きく見せたいとさくらはいつも意識しています。

 (しかしメルちゃんの目は、特別大きくて本当に愛らしいなぁーー

 

ゆずの目もハッキリさせたいとさくらはいろいろ努力しました。

「目の周りの毛を短くすれば目が大きく見える」と単純に思っていたさくら。

でもそれはちょっと違っていたようです。

 

トイプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眉間部分はこんな風に少し高くするとほりの深い顔になります。

目の下を短くする方が目はスッキリです。

 

トイプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥目にするには、おでこ部分も少し前に出すといいようです。

犬の顔も立体感を出すと可愛い仕上がりになりますね

さくらののっぺりした顔もこんな風に修正できるといいのになぁ・・・。

 

今日の「トリミング講座」はここまで。

次は、足の部分の補修カットをお伝えする予定です。

お楽しみにね!

 

 

今回の記事が「参考になったよ!」という方。

  ポイントを復習しながら 応援ポチ×2して頂けると嬉しいです!

ポチしてね♪

 

← トップは丸ぁ〜るく!

 

ポチっとね♪

 

← おでこは少し前に出して!

 

ケータイでの応援はここをクリックしてね♪

⇒【犬ブログ・ トイプードル】


 

 フルーツの服を集めてみました。 夏らしいでしょ♪

 

 

 姉妹サイト 「犬ってこんなに大変なの?!」 も犬いっぱいで公開中!