ねぇ、ねぇ、ゆず。

ママは、アンタに聞きたい事があるんだけど、

犬の世界に、「いじめ」はないの?

 

カッコいいんだよ犬の世界は上下関係がハッキリしているけど、

みんなの上に立つ犬は、下の犬たちを守ってまとめる役目があるんだよ。

いじめで犬をまとめる事はできないよ。

 

 

へぇ〜、犬のリーダーってカッコいいね

悲しい事に人間は、自分が相手より強い立場だと、偉そうにしたり、軽い気持ちでその人をのけ者にしたりして、イケナイ行動を取る事もあるの

 

最近、学校の中のいじめ問題がクローズアップされているけど、

いじめは子供の世界の話だけじゃなく、分別をわきまえた大人でも陰湿ないじめで苦しんでいる人は多いみたい。

 

へぇ〜〜

 

何か人間って、ややこしい世界に暮らしているんだね。

 

 

 

ホントにそう思う。

犬に負けてる。

みんなと違った行動をとったり、目立ったりするだけで、いじめのターゲットになってしまうこともあるんよ。

 

この前ビックリしたんだけど、運動会の徒競走で1位になっただけで、

「調子に乗ってるんじゃないよ」っていじめられた子がいるらしいわ。

ママの時代なら、ヒーローになるはずのカッコ良さなのにね。

 

 

大丈夫?

 

ウチのお嬢たちは、大丈夫???

 

 

 

そうなの。

お嬢1は、どちらかと言うと目立ちたがり屋でしょ。

ママはそこがお嬢1の魅力でもあると思っていたのに、

やっぱり中学生のとき、それで辛い思いをしてたんだって。

その時から、なるべくみんなに合わせて目立たないように気をつけてるらしいよ。

 

アンビリーバブル!!!

 

お嬢1が???

信じられないね。その時、ママに相談したの?

 

 

そうよ!ちょっと私に打ち明けてくれたら、一緒に考えたのにさ。

そういうことは、親には絶対知られたくないものだ!と言い切ってたよ、あの子。

 

 

ほぉ〜ん

 

ふぅ〜ん、そんなモノなのか。

で、お嬢2はどうなの

 

 

実は、この子の方が心配。

小さい時から、友だちに何か言われても絶対言い返せないタイプでしょ。

お嬢2曰く、「学校では、かなり身分が低い」らしいよ。

でも昨日、ランドセルの中からこんな作文が出てきたの。

 

  いじめられて辛い思いをするぐらいなら死んだほうがマシ、

   という考えは間違っています。

   自殺をするぐらいなら、学校に行かなくてもいいと思います。

   学校に行かない勇気を持とうよ。

 

こんなような内容だった。

 

ママがいつもお嬢2に言っている事を、書いたみたい。

 ちょっとぐらい嫌な事なら、我慢して自分で乗り越えなさい。

  「でもこれ以上はムリです。生きるのが辛すぎる。」っていう時は、

  絶対お母さんに教えてね!

  学校だけが全てじゃないよ。

  それを証明するために、いじめでどうしても辛すぎる時は、

  お母さんと放浪の旅に出かけよう、ってね。

 

 

きび団子

 

 

へぇ〜〜!

もちろんその旅には、

ボクも連れってってね。

 

 

 

 

 

そんな旅に出かけたくないのが、ママのホントの気持ちです。

 

 

   文部科学大臣からのお願い

 

未来のある君たちへ

 弱い立場の友だちや同級生をいじめるのは、恥ずかしい事。

 仲間といっしょに友だちをいじめるのは、卑怯な事。

 君たちもいじめられる立場になる事もあるんだよ。

 後になって、なぜあんな恥ずかしい事をしたのだろう、

 バカだったなぁと思うより、今、やっているいじめをすぐにやめよう。

       ◇           ◇           ◇

 いじめられて苦しんでいる君は、決して一人ぼっちじゃないんだよ。

 お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、学校の先生、

 学校や近所の友だち、誰にでもいいから、恥ずかしがらず、一人で苦しまず、

 いじめられている事を話す勇気を持とう。 話せば楽になるからね。

 きっとみんなが助けてくれる。 

 

      平成18年11月17日

 

                       文部科学大臣  伊吹 文明

                          

                            【学校で配布されたプリントより】

 

いじめで何も生まれない!と思う方、応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←今日の犬ブログランキングを見る

さくらのHPは、いじめのない犬の世界が満載です。

        「犬ってこんなに大変なの?!」