こんにちは!さくらです

 

 

今日も、私のぐだぐだ話を聞いて下さい。

 

私は、友だちをつくるときに、ある一つの条件をもってます。
これをクリアした人だけが、私のお友達になれます。
別になりたくない!と言ってもダメ。 即、お友だちです。

 

それは、「価値観が同じである」ということです。

 

主人も、これをクリアして、まずお友だち、そして彼氏。
そんでもってダンナさんへと昇格していきました。

 


「価値観が同じである」ダンナさんとは、「いつも考え方は同じか?」と尋ねられると、この質問には「NO!」と、答えます。

 


たとえ夫婦でも、同感できるときと、それは違うよ!っていうときがあります。

 


では、犬の場合はどうでしょう?


犬は自分の一生を、リーダーにすべて捧げます。
自分の命より、リーダーの命の方が大切なのです。


そして、リーダーが楽しいときは、犬も楽しいのです。
また、リーダーが悲しいときは、犬も悲しいのです。


なぜ、リーダーは楽しいのか? 
なぜ、リーダーは悲しいのか? そういうことは考えません。

 


リーダーの気持ちは、そのまま犬の気持ちになります

 


犬のことが、好きで好きでたまらんよ!!!って思えるのは、
こういうことを側にいて、肌で感じるからかもしれません。

 


もし飼い主であるあなたが、愛犬にリーダーだと認められたとしたら・・・・・

 


愛犬は命をかけて、あなたに従います。
あなたのさまざまな感情は、ぜんぶ愛犬の感情です。

 


愛犬を幸せにするのも、不幸せにするのも全てあなたの心しだいです。

犬は命が消えるその瞬間まで、飼主の気持ちを気にします。

 

 

あなたが泣きながら愛犬を見送ると、犬はあなたのことを心配しながら亡くなります。

 

だから私は、ゆずが最後の瞬間に、笑顔でこう言おうと思っています。

 

 

 「今まで本当にありがとう。君に会えて幸せだったよ!」

 

 

大泣きするのは、ゆずが目をつぶってから。

できるかな? そんな神業みたいなこと・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

さくらのサイトにもお越しやす!

  『犬ってこんなに大変なの?!』

 

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←今日の犬ブログランキングを見る