トイプーゆずの『犬のホントの気持ち』

チョコ色トイプーゆずと暮らすさくら。
何でもありぃ〜の愉快な日記を大阪から発信中♪

2006年06月

犬の気持ちって?

こんにちは!さくらです

 

 

今日も、私のぐだぐだ話を聞いて下さい。

 

私は、友だちをつくるときに、ある一つの条件をもってます。
これをクリアした人だけが、私のお友達になれます。
別になりたくない!と言ってもダメ。 即、お友だちです。

 

それは、「価値観が同じである」ということです。

 

主人も、これをクリアして、まずお友だち、そして彼氏。
そんでもってダンナさんへと昇格していきました。

 


「価値観が同じである」ダンナさんとは、「いつも考え方は同じか?」と尋ねられると、この質問には「NO!」と、答えます。

 


たとえ夫婦でも、同感できるときと、それは違うよ!っていうときがあります。

 


では、犬の場合はどうでしょう?


犬は自分の一生を、リーダーにすべて捧げます。
自分の命より、リーダーの命の方が大切なのです。


そして、リーダーが楽しいときは、犬も楽しいのです。
また、リーダーが悲しいときは、犬も悲しいのです。


なぜ、リーダーは楽しいのか? 
なぜ、リーダーは悲しいのか? そういうことは考えません。

 


リーダーの気持ちは、そのまま犬の気持ちになります

 


犬のことが、好きで好きでたまらんよ!!!って思えるのは、
こういうことを側にいて、肌で感じるからかもしれません。

 


もし飼い主であるあなたが、愛犬にリーダーだと認められたとしたら・・・・・

 


愛犬は命をかけて、あなたに従います。
あなたのさまざまな感情は、ぜんぶ愛犬の感情です。

 


愛犬を幸せにするのも、不幸せにするのも全てあなたの心しだいです。

犬は命が消えるその瞬間まで、飼主の気持ちを気にします。

 

 

あなたが泣きながら愛犬を見送ると、犬はあなたのことを心配しながら亡くなります。

 

だから私は、ゆずが最後の瞬間に、笑顔でこう言おうと思っています。

 

 

 「今まで本当にありがとう。君に会えて幸せだったよ!」

 

 

大泣きするのは、ゆずが目をつぶってから。

できるかな? そんな神業みたいなこと・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

さくらのサイトにもお越しやす!

  『犬ってこんなに大変なの?!』

 

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←今日の犬ブログランキングを見る

犬育ては子育てと同じ

こんにちは! 今日はさくらの独り言を聞いて下さいm(__)m

 

 

よく、こんなことを耳にしませんか?

 

   「もうこの犬、そんなこともできないの。バカ犬

   「この子は、こんな問題も解けないの。バカ娘

 

アハハ、実はウチの家庭での、会話なんです

 

 

でも、そんなバカ犬、バカ娘に育てたのは誰???

やっぱり、親である私なのですよね

 

何も教えてもらっていない子供ができないのは当たり前。

いつかできるようになるだろう!って思うのは親のエゴなんだってことを、犬を育てるようになって気づきました。

 

 

お箸を上手に使えない子供が、大人になったら上手に使えるかと言えば、それは疑問です。

 

部屋のかたづけがまるでできない子は、大人になってもやはり汚い部屋で暮らしているんですよね。

 

「だんだん、うまくなるよ」 「大きくなったら、できるって」

なんて思っている親は、そのうち「バカ犬!」「バカ娘!」って叫ぶんですよね。

 

 

人間の子供だと、「このままじゃダメだ」と自分で気づき、努力するかもしれません。

でも、犬の場合は・・・・・・・・・・・・。自分で気づき、努力する???

 

 

無理でしょうね

 

犬は、教えてもらったこと以外は、絶対できないですよね。

 

犬育ては、飼主しだい。

飼主の育て方で、愛犬の将来が決まってしまいます。

 

 

責任重大です。

気合を入れて、頑張ろう!

(これは、私が自分に言い聞かせている言葉なので、気にしないでね。)

 

 

 

さくらのこちらのサイトにもお越しやす!

    『犬ってこんなに大変なの?!』 

 

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←今日の犬ブログランキングを見る

犬の食事の大切さ

凛々しいゆず★こんにちは!トイプーゆずです

 

 

 

梅雨本番。九州・中国地区の方は、すごい被害ですよね。

お見舞い申し上げます。

 

 

 

さてさて、今日は『犬の食事』についてお話します。

 

犬はもともと肉食だったということは、みなさんご存知ですよね。

でも、それは野生時代のこと。

 

今、ペットとして飼われている家庭犬は、肉ばかり食べているわけではありません。

 

犬という動物には、すごい能力があるんですよ

毎日食べている食事で、自分の内臓を作り変えることができるのです。

分かりやすく言いますとこういうことです。

 

 

  いつも野菜中心の食事だと「草食動物」に。

  色んなものを食べていると「雑食動物」に。

  肉中心だと「肉食動物」に、変身します。

 

 

そうなることで、内臓強化にもつながっていきます。

だたしこれは、毎日毎日同じ食事を食べ続けた場合だけです。

 

いつもの食事内容がコロコロ変わるようなら、内臓も安定せず、逆に弱い内臓になってしまいます。

 

もし、飼主さんが食べているおかずを犬が欲しがるからといって、与えていると・・・・・・・・。

それは犬のために、一番イケナイことをしているんですよ

 

それに、カロリーオーバーになって、肥満犬にもなりかねませんしね。

愛犬を喜ばしているつもりが、愛犬を弱い犬にしているなんてぇ

 

 

ボクは、すごくすごくさくらママ一家に愛されていますが、ごはんはいつも同じです。

 

愛されているから、365日いつも同じ食事なのですね

 

 

 

さくらママのこちらのサイトにもどうぞ!

  『犬ってこんなに大変なの?!』

 

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!

 にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ←今日の犬ブログランキングを見る

プロフィール
現在の閲覧者数:



メールはこちらから・・・


当ブログはリンクフリーです
リンクされたときは、
コメント欄にご一報頂けると
嬉しいです
コメントありがとう♪
RSS・お友達ブログ
お友達のショップ!
COCOJEWEL




LAUGH!LAUGH!



へのへの



naturally



Hipdogs



ランキングに参加しています

ゆずもさくらも励みになります

1日1回ポチしてね♪

トイプードル村





犬ブログランキング




しーさん作のバナーです♪




あんずもじ まったりほんぽ


犬の総合情報サイト - Dogissimo ドギーシモ -
  • ライブドアブログ